女性の病気について

月経不順

月経とは、約1ヶ月の間隔で起こり、限られた日数で自然に止まる子宮内膜からの周期的出血と定義されます。正常月経の範囲は、月経周期日数:25~38日で、変動:6日以内、卵胞期日数: 17.9±6.2日、黄体期日数:12.7±1.6日、出血持続日数:3~7日(平均4.6日)、経血量:20~140ml。初経は10~14歳、閉経は43~54歳を正常範囲としています。

これに当てはまらない場合が月経異常です。25日未満で出血が反復したりすることがあり、これを頻発月経といい、排卵の有無により卵胞期の短縮、黄体期の短縮(黄体機能不全)および無排卵周期症などがあります。初経から間もない時期や閉経直前に見られます。また逆に月経周期が39日以上3ヶ月以内のものを希発月経といい、無排卵周期症や卵胞の成熟が遅れることにより卵胞期が長くなってしまうことが原因です。更に周期や出血の量、期間からみて月経とは異なる出血である場合は機能性子宮出血といいます。
これらをひとまとめにして月経不順と呼んでいます。

月経不順や無月経の原因で多いのは、急激なダイエットやストレスによるホルモンバランスの崩れであり、悩みや不規則な生活によって月経リズムが乱れる人もいます。また、子宮や卵巣、甲状腺などの病気が原因になることもあります。

無排卵性周期症

ほぼ規則的に月経様の出血はあるのに、排卵を伴わない病態を無排卵周期症といいます。月経周期は不順なことが多く、月経持続期間も短かったり長かったりします。月経周期が不順で月経量・月経持続期間の異常があり、基礎体温が一相性を示す場合、無排卵周期症と診断します。挙児希望がある場合には、クロミフェン療法による排卵誘発を行い、挙児希望がない場合は、ゲスターゲンの周期的投与により月経周期を正常化させます。50日以上の希発月経の約30%、20日以内の頻発月経の約60%は無排卵であるといわれています。卵巣機能が未熟な思春期(初経から数年)、卵巣機能が低下しつつある更年期に見られことが多くあります。また、視床下部機能異常、多嚢胞性卵巣症候群などにより本症をきたすこともあります。

黄体機能不全

黄体からのプロゲステロンとエストロゲンの分泌不全により、黄体期の短縮、機能性出血を呈し、子宮内膜の分泌期変化が起こらない病態をいいます。不妊・不育の原因となります。黄体期中期の血中プロゲステロン値が10ng/ml未満で、基礎体温にて高温相が10日以内で、子宮内膜日付診にて、正常月経周期と3日以上のずれがある場合、黄体機能不全と診断します。治療としては、不妊を訴える場合に対しては、ゲスターゲンの周期的投与や黄体機能刺激療法、または排卵誘発法などの治療を行います。

機能性子宮出血

様々な内分泌異常によって起こる子宮内膜からの不正性器出血を総称した症候群で、厳密には疾患名ではなく臨床症状にすぎませんが、不正出血の約30%を占めるため、日常診療では頻繁に遭遇します。思春期または更年期の女性に多く、不正性器出血がみられ、妊娠や腫瘍、外傷、炎症などの器質的疾患などが否定されたときに機能性子宮出血と診断します。出血が少量で出血期間が短い場合、経過観察で十分です。止血、子宮内膜の安定化などを図る場合には、ゲスターゲンあるいはエストロゲンーゲスターゲン合剤投与を原因別に応じて使い分け、止血を図ります。